NAS

奈良情報システム様

導入レポート

営業所内のファイルサーバとしてNASを導入

今回は奈良情報システム テクニカルサポート第一グループの升谷氏にご協力いただき、ロジテックのWindows Storage Server2003搭載NAS「LHD-NAS250W」の導入に至った経緯や活用方法をお聞きした。

テクニカルサポートグループは奈良情報システムの営業・保守部門に位置し、主にネットワークの構築と保守を担当している部署である。

今回導入したLHD-NAS250Wは升谷氏が在籍する部署のファイルサーバとして使用されている。利用者は営業マンを含めた事務所内の社員である。

このように日常業務のパソコンへの依存度が高まると、パソコンやハードディスクにトラブルが発生し、ハードディスク内のデータが消失しまうと、業務に大きな支障をきたす恐れがある。そのため各店舗では、スタッフが定期的にCD-Rに必要なデータをバックアップするようになっていた。しかし、CD-Rへのバックアップは、スムーズにはいかなかった。

テクニカルサポート第一グループ 升谷氏

Linux搭載NASの権限設定に問題

営業所では以前Linuxを搭載したNASを使っていた。Linux搭載NASにはいくつか不満があった。その最たる物がアクセス権限の設定である。「バックアップに対するアクセス権の設定が十分にできていませんでした」(升谷氏、以下同)。

従来のNASの機能を使ってデータのバックアップを行うと、バックアップフォルダが作成される。このフォルダへのアクセス権限が「管理者のみ」「全員アクセス可能」の2種類でしか設定できなかった。

通常の共有フォルダはユーザー毎に権限が設定できたが、バックアップフォルダに全員がアクセスできるのでは権限設定の意味がない。かといってバックアップフォルダのアクセス権を管理者のみにすると、管理者がいないときに何もできない。

「障害発生時、スムーズに復旧・業務継続するためには、この設定では不十分です」。スムーズな復旧ができなければ、重大な機会損失が発生しかねない。

きめ細かいaccess権限設定ができるWSS

LHD-NAS250WはWindows Storage Server2003を搭載しているため、フォルダ毎のアクセス権限設定をきめ細かくすることができる。○○グループの共有フォルダとそのバックアップフォルダは○○グループのみアクセス可能、といった設定を升谷氏の意図通りに行うことができた。

また、他社製品の場合はアクセス権限がある・ないの2通りしか設定できなかったため、ある部署には閲覧だけさせたいファイルでも「誤って削除するということが絶えませんでした」。しかしWindows Storage Server2003では読み取り専用・読み書き可能などといった権限設定も可能であるため「問題なく設定ができています」。

きめ細かいaccess権限設定ができるWSS

多用なバックアップ手段で重要なデータを守る

LHD-NAS250W導入以前に使用していたLinux搭載NASは「現在LHD-NAS250Wのバックアップとして使って」いる。自動で全データをコピーする設定にしているため、万が一LHD-NAS250Wが故障してもデータの消失は最小限で済む。

従来はUSB接続ハードディスクにバックアップしていたが、これだと復旧時に各人のパソコンにハードディスクを接続しなければならず「実際に業務が途絶えてしまったことがありました」。

そんな時ネットワーク上のNASにバックアップが存在していれば、各人でアクセス先を変更するだけでよい。

WSSの優れたバックアップ機能「ボリュームシャドーコピー」

ボリュームシャドーコピー また、Windows Storage Serverの機能に「ボリュームシャドーコピー」という物がある。「これは気に入っています」という升谷氏の評価の通り高性能なバックアップ機能である。ボリュームシャドーコピーはディスク上の変更があった差分を保存する。このため、誤って消したファイルを復活させたり、変更して上書きした書類を元に戻したりすることができる。

ボリュームシャドーコピーに使用する領域を設定することができ、その容量分だけ履歴を残すことが可能だ。データそのものをバックアップするのではなく、変更の差分のみを保存するためバックアップ元のデータが大きくても、あまり容量を使わなくて済む。

従来のLinuxを搭載した低価格のNASではこのような効率の良いバックアップはできなかった。Windows Storage Server2003搭載NASだからできるこの機能は升谷氏にも「とても助かっています」と言っていただけた。

NASのウイルス対策も実現

升谷氏はロジテックNASの上位機種「LSV-6R」シリーズで動作確認済みとなっているトレンドマイクロ社のウイルスバスターをLHD-NAS250Wにインストールしている※。NASのウイルス対策は盲点になりがちだが、データを共有するという使用目的上ウイルスを媒介しやすいため非常に重要である。

仮にシステムを納入する場合、各クライアントのウイルス対策をキッチリ行っても、ユーザーが個人所有のノートパソコンをネットワークにつなぐことも考えられる。このような場合にNASがウイルスに対して無防備だったら、「ウイルスがまん延する原因になると思います」。NASがウイルス対策できていれば「みんなで共有するデータについては安全だと言えます」。

※ロジテックで動作確認していないアプリケーションソフトのインストールについてのお問い合せにはお答えできない場合があります。

いずれは顧客への提案も

升谷氏はLHD-NAS250Wを部署内での実務に使用し、その高い性能を余すところ無く引き出している。大量導入時の一括設定などの機能がさらに充実すれば、顧客への導入もしやすいとのご要望もいただいた。LHD-NAS250Wに限らずロジテックのWindows Storage Server2003搭載NASのメリットを十分に実感していただけたようだ。

■製品情報

LHD-NAS250W

ネットワーク接続型ハードディスクユニット(BOX型NAS)
LHD-NAS250W

株式会社奈良情報システム様について

株式会社奈良情報システム http://www.nara-js.co.jp/
設立:1984年 代表取締役社長:間處 陽一

株式会社奈良情報システムは奈良市に所在する情報サービス企業である。奈良県下の企業・官公庁を中心として質の高い情報サービスを提供している。そのサービスは多岐に渡る。販売特約店となっているNECを始めとしたパソコン関連機器の販売。ネットワークの構築から運用・保守まで一貫したサービスの提供。自社開発のCAD/CAMシステムを始めとするソフトウェア開発。またASP形式のメール配信システムなどウェブソリューションにも強みを持つ。幅広いサービスによる一貫したサービスと奈良県内での豊富な実績により、安心して仕事を任せられる企業として高い評価を得ている。

製品・サービス

インフォメーション

  • Windows Server 2003/R2サポート2015年7月15日終了
  • Bluetooth、Siri対応モデル一覧
  • 無線LAN特集
  • 無線LAN特集
  • 「凛」シリーズ特集
  • データ復旧サービスのお申込みはコチラ
  • ルータ訪問設置サービス
  • 採用情報

ファクトリーサービス