Bluetooth®

LAT-MPiH01

型番 特長 JANコード 定価 備考
LAT-MPiH01 iPhone/iPod touch専用FMトランスミッタ ブラック 4992072042759 オープン 販売終了
■主な特長:

 

車内でiPhone/iPod touchの置き場所に困らない! アーム式FMトランスミッター

LAT-MPiH01は、iPhone/iPod touchの音楽をカーステレオのFMラジオを通じて楽しむことのできる、FMトランスミッターです。

本製品のアームは自由に曲げることができますので、iPhone/iPod touchをベストポジションに設置でき、iPhone/iPod touchをストレスなく操作することができます。
シガージャック部には回転式のロック機構を搭載し、シガーソケットからの抜け落ち/iPhone/iPod touchの落下を防きます。

▼ホールド部分は90度回転可能



▼最適な周波数を自動で選局!
ワンタッチで混信ノイズの少ない周波数を素早く設定できる「オートスキャン機能」を搭載しています。






ソケットに固定できる回転式ロック搭載

シガージャック部には回転式のロック機構を搭載し、シガーソケットからの抜け落ち/iPhone/iPod touchの落下を防きます。





もちろんアプリも使用可能

停車中などにiPhone/iPod touchのアプリを活用することも可能です。GPSアプリや地図アプリなどを使用すれば、ドライブにもお役立ていただけます。

※動画は iPhone 4と標準アプリのGoogleMapsを使用しているイメージです。

ご注意:運転の安全を損なう操作はしないでください。




 


iPhone、iPod公式ライセンス製品です

アップル社公認のライセンスプログラムである「Made for iPhone」「Made for iPod」を取得しています。
また、ライセンスに準拠した製品なので、接続時のエラーのポップアップ表示もなく、安心してご使用いただけます。




12V車、24V車の両方で使用できます

本製品は12V/24V車で使用いただけます。24V車にも対応しているので、トラックなどの大型車でも変換アダプタをもちいることなく、そのまま使用していただくことができます。






アンケートにご協力ください

マニュアル

型番 LAT-MPiH01
送信周波数 76.0〜90.0MHz
 (0.1MHz単位による切り換え)
 4周波数のプリセット、メモリ可能
コネクタ iPod dock コネクタ(iPhone/iPod touchに接続)
動作時環境条件 温度 :0℃〜50℃
相対湿度 :5%〜75%(ただし、結露無きこと)
保管時環境条件 温度 :-20℃〜75℃
相対湿度 :5%〜95%(ただし結露なきこと)
装備 ・前面装備 :LCDパネル
・右側面装備 :プリセットボタン、スキャンボタン
・左側面装備 :周波数UPボタン、周波数DOWNボタン
入力電圧
(シガーチャ−ジャー)
DC+12V/24V(シガーソケットから給電)
出力電圧,電流
(定格)
5V/1000mA(Dockコネクタから、iPodに給電)
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
46 x 38 x 110 mm(ホルダー、本体のみ、アームなどの突起部は除く)
アーム長 約90mm(可動部)
質量 約137g
保証期間 1年間
グリーン購入法 対象外
RoHS指令 対応

接続可能な機器


■接続可能な機器:

Apple Inc.
・iPhone4/3G/3GS
・iPod touch 1st/2nd/3rd/4th


■ご注意:

※本製品は、無線局の免許を必要としない微弱電波を使用した製品です。車載アンテナの種類/車内環境/走行環境/混信により、本製品から出力されたFM電波をカーステレオ側が正常に受信できない状態になることがあります。その場合、ノイズ/音のひずみ/音の途切れ/受信不能状態等が発生する場合があります。
※車の運転操作中は、本製品、ポータブルオーディオ機器の操作を行わないようにしてください。
※車種によっては、シガーソケット付近に段差等があり、本製品をシガーソケットに確実に差し込むことができない場合があります。その場合、本製品を直接取り付けることができません。市販のシガーソケット分配/延長ケーブル等を、ご用意ください。
※12V/24V車専用です。
※車内は、高温になる場合がありますので、車内に放置しないで下さい。

車載用アンテナについて

本製品は、製品内蔵のアンテナからFM電波を発信し、車載用アンテナで受信して、カーステレオで再生することで音楽等の視聴を行います。したがって、FM電波受信感度やノイズの発生に関しては、車載用アンテナの構造や設置位置が大きく影響します。
車載用アンテナには、大きく分けて次の様なタイプのアンテナがあります。
(弊社調べ。自動車メーカーにより、呼称や構造は異なります。)

1)ルーフアンテナ
屋根の前端か後端に設置され、樹脂コートされているタイプ
2)ピラーアンテナ
Aピラーに内蔵されていて、金属製アンテナを手動で引き出すタイプ
3)ガラスアンテナ
リアウィンドウやリアサイドウィンドウ等に貼られている、フィルム状のタイプ
4)ロッドアンテナ
昇降装置付きで、SUV等に多く見られるタイプ
車載用アンテナについて

弊社で行った東京都心部における動作検証では、以下の順で受信状態が良いことが確認されています。(ガラスアンテナは、車のグレードによる差が大きく、比較が困難です。また、動作検証は特定の車種で行い、本製品は運転席と助手席の間に設置しています。検証結果は、すべての自動車/走行環境での受信状態を保証するものではありません。)

ロッドアンテナ > ピラーアンテナ > ルーフアンテナ



付属品/別売アクセサリー

付属品一覧

マニュアル(台紙内側に記載) 1式
保証書(台紙内側に記載) 1式

製品・サービス

インフォメーション

  • 法人のお客さまへ 安全に保存する方法と最適な製品のご案内
  • Windows Server 2003/R2サポート2015年7月15日終了
  • Bluetooth、Siri対応モデル一覧
  • 無線LAN特集
  • 無線LAN特集
  • 「凛」シリーズ特集
  • データ復旧サービスのお申込みはコチラ
  • ルータ訪問設置サービス
  • 採用情報

ファクトリーサービス